online shop
すまいの雑貨たち

sumaoのまな板 いちょう

【sumaoのまな板 いちょう】 意匠登録第1647841号

sumaoオリジナルの木のまな板、出来ました!

 

「小さい頃からプラスチック系のまな板しか使ったことがなくて…」という話を良く聴きますが、

一度、木のまな板を使うとその心地よさがやみつきになりますよね。

sumaoには、「もうずっと、木のまな板しか使ったことがないです。ちょうど買い替えようと思っていたので!」という方もたくさん来られます。

また、使い始めた方からは、「切る作業がこんなに楽しいなんて!!」とうれしい報告を受けています。

 

 

私もこれまで色々な木種類のまな板を使ってきました。

ひのき、桜、朴、桐、いちょう…

感覚的な部分も多いのですが、傷のつき方とか、刃当りとかがいいと思ったのは「いちょう」。

それをsumaoオリジナルのまな板にしました。

一番こだわったのは、形。

四周の断面に角度がついていますが、長い方と短い方の角度の付き方が逆になっています。(この形で意匠登録をとっています(^_-)-☆)

この形によって、いろんなメリットがあります。

・切ったものをお鍋に入れるときなど、まな板を持ち上げるときに、持ち上げやすい。

・面によって食材を使い分けたいときに、表裏の見分けがしやすい。

・水切りのために立てかけたときに、接地面が少ないので、水切れがいい。

・2枚合わせてると、斜めにピッタリあうので、大きなものを切る際などに使いやすい。

・ちょっとおしゃれな形状なので、時には食品トレイとして使うこともできる!

 

なんといっても、使い心地がいい木のまな板。あなたも、是非使ってみてください。

包丁のためにいいとよく言われますが、自分の手の感覚が気持ちいい。

(これは、使ってみなくちゃわかりません!)

毎日たくさんの食材を切る料理人さんは、木のまな板でないと腕を痛めてしまうこともあるそうです。

※木といっても、カッティングボードに使われている硬木(アカシヤとかオリーブとか、栗とか…)だと手を痛めやすいです。

硬木のカッティングボードは、パンやチーズ、ローズロビーフを切ったりするのに使うといいです(^_-)-☆

 

また、私が木のまな板を使っていてとても快適だなぁって思うことは、野菜などを切る際に、水浸しにならないこと。

洗った葉物野菜などをプラスチックのまな板で切っていると、野菜も調理台もすぐにびしょびしょになりませんか?

木だとそれがないので快適!ほどよく水分を吸い取ってくれます。

そうそう!水分吸収といえば、「初女さんのおむすび」にも、木のまな板は欠かせませんよね(^_-)-☆

 

使った人はプラスチックに戻れない…木のまな板。

是非、あなたの料理時間を心地よく、楽しい時間にしてください。

 

小:35㎝×21㎝

大:45㎝×25㎝

小は玉ねぎやニンジンなどを切るのに便利。

大は長いものや大きな葉物を切るときにいい大きさ。一般的な流し台に渡して使える寸法にしてあります。

大きい方でも意外と軽いと感じられると思います。

 

制作してくれたツバキラボさんは、水はじきをよくするために、手がんなで仕上げてくれました。

そして、おそらく、これはsumaoのまな板だけの特徴ですが、短い辺の木口だけにセラミック塗装をかけていただいています。

この短辺の断面(木口)は、木が一番水を吸いやすい部分で、木のまな板で一番黒ずみがきやすいところなのです。

ここを撥水性がある塗装でカバーすることによって、他のまな板と格段の差がついてくると思います。

この塗料は食器にも使われているものですし、食材を乗せて切る面は無塗装のまま。

見た目ですが、木口に塗ってあるかどうかは、まったくわからないと思います。

まな板の一番狭い面だけに塗ってもらっているので、ツバキラボさんは、かなり手間がかかる作業をしてくれています。

 

そして、もちろん削り直しにも対応してくださいますよ!

 

触って、見てみるだけでもいいので、是非sumaoに見に来てくださいね。

 

小:35㎝×21㎝ (木口セラミック塗装) 6500円(税抜価格)

大:45㎝×25㎝ (木口セラミック塗装) 8000円(税抜価格)

 

<木のまな板を長く使うポイント>

・使う前に、水で濡らす

・包丁の刃は、できるだけ、木目に対して垂直になるようにする。

・使い終わったら、早めに束子で洗って、布巾で水を拭き取り、風通しがいい場所で乾かす。(直射日光は厳禁です!)

・短い辺の断面が一番黒くなりやすいので、その面がよく乾くように気を付ける。

その他気になることは、何でも店頭でお尋ねください。

ページTOPへ