online shop
すまいの雑貨たち

山本勝之助商店 しゅろの束子

  • 写真 石川奈都子

山本勝之助商店のしゅろの束子。

棕櫚(しゅろ)の樹皮はしなやかで柔らかいので、物に傷をつけることなく、しっかりきれいに洗うことができます。

また、繊維には天然の油分があるので、洗剤を使わなくても汚れを落とす効果があり、お肌や環境にやさしい製品です。

 

フライパンや土鍋を洗うときに、重宝しているのが、一番人気のS型。

しっかり汚れをかきだしてくれるのはもちろん、金属部分が外に出てないので、洗う相手にやさしいのが特徴です。

しゅろの束子は、カビたり、腐ったりしにくいので、スポンジと同じように、平置きしてても大丈夫です。

 

通常の亀の子型の束子は、吊るして乾かせるので、野菜を洗ったり、まな板を洗うのに使っています。

 

棒束子はお弁当箱やタッパーの縁や水筒の口部分など、すみっこや凸凹している部分を洗うのに重宝します。

我が家の水切りカゴにいつも入っている頼もしいヤツです。

 

そして便利なのはこの水筒束子(約36㎝)と柄付き棒束子(約25㎝)

水筒は、この束子でしか洗えない!!という方も多い人気商品。

先端が少し角度がついているので、隅々までやさしくきれいに洗えます。

プラスチックの毛の水筒洗いのように、水筒から抜き出すときのいやな水はねも少なく快適。

柄付き棒束子はジャムなどのビン底を洗うのに最適ですよ。

 

柄付き束子の小は、靴を洗ったりするのに使う方が多いです。

背中を洗うために…というお客様もいらっしゃいました。

 

柄の部分が木の商品は、乾かす際、束子の部分を下向きにしてください。

乾ききったら、木の部分を下にして、何かに縦入れて、収納しておいても大丈夫です。

 

 

 

 

ページTOPへ