すまい方日記

鉄・銅製品の使い方

sumaoの好きな使いごたえのある製品、「鉄のフライパン」や「銅の卵焼き器」。

なんといっても調理したものの美味しさはビックリするものがあります。

ただ、2.3年でダメになってしまうテフロン系の製品のお手軽な使い勝手に比べると、ちょっとコツや手間がかかるので、躊躇してしまっている人も多いのではないでしょうか。

最近はネットにたくさん手入れや使い方のコツが出ているので、実際に使われている方は、そういうのをよく見て上手に使ってくださっているみたいですが、

sumaoが日ごろやっているお手入れ、こうしたら上手くいった…ということを簡単にまとめてみようと思います。

(お料理がプロのお友達や製造元などにアドバイスいただいていますが、私自身は、料理については素人のおおざっぱな主婦です。以下の内容はこれから変更が入るかもしれませんが、新しい情報があれば随時更新します)

 

★初めて使う前

鉄のフライパン:sumaoの取扱商品は、空焚き、油ならしなど必要ありません。軽く水洗いしてそのまま使用してください。

銅の卵焼き器:油ならし(3分目くらいまで油を入れて弱火で2,3分加熱)してください。

 

★普段の調理前

銅も鉄も

最初にうっすら煙が出るまで熱する。

(この白い煙は鍋材(銅や鉄)にある水分。水蒸気で外に出ていっています)

それから、油返しをすると食材がくっつきにくい!!

油返しとは…中華料理の料理人が中華鍋でよくすることです。多めの油を入れて熱し、余分な油を戻す。(わかりにくかったら、油返しで検索すると沢山出てきますよ。)

※この油返しに、sumao流オイルポットがまた便利なのです(^_-)-☆

鍋に入り込んでいる水分を飛ばして、そこに油をしみこませるのがポイントです。

 

★調理中

鉄フライパン:火は皆さんが思っているより弱火。(テフロンで調理していた人は火がなかなか通らないので、ついつい強めの火で調理してしまうらしい)鉄の鋳物は熱伝導率がいいので、弱火でも十分熱が伝わります。

食材を入れてすぐにくっついた感じがしても、動かさない。(熱せられたらカリッとはがれる)

銅の卵焼き器:火は中火(弱すぎでも卵がくっつく)。巻くたびに油を引くといいですが、油なじみがしっかりしていると最初の油返しだけで大丈夫な時もあります。

 

★調理後(洗い→乾燥→油引きについて)

銅も鉄も基本お湯としゅろの束子で洗っています。洗剤はよっぽどのことがない限り使っていません。

ネット等には、「鍋が熱いうちに洗いましょう」と書いていあることが多いですが、私は食事後に洗うことも多いです。でも、全然大丈夫。

焦げがついているときなどは、しばらくお湯に浸しておくと取れやすいです。

洗い終わったらキッチンペーパーか布巾で水気を拭き取ります。

そして、コンロにかけて、白い煙が出るくらい熱して、キッチンペーパーで油を軽く引きます。
(他の洗いモノや食器の片づけの間に出来るからそんなに苦にならないですよ)

 

なんか、人間のお肌の手入れや、植物の水やりに似ているな~と思います。

でも、ちょっとサボっても大丈夫ですよ。

水をあげなかったら枯れてしまう植物と違って、油が足りなかった…錆びてしまった…ということになっても、ダメになってしまうことはないから大丈夫。錆びてもその錆びを落として、また油をなじませてあげたら復活するから。

だから、育てていく…という表現がされていることが多いのですね。

ずっと手元に置いて置ける道具として育てていってください。

 

 

※フライパンの塗装について。

フェラミカのフライパンは、薄くシリコン系耐熱塗料が塗ってあります。

これは流通の際の錆びの発生や、使用始め油が本体になじんでくるまでのこびりつき防止の為です。(現在、ほとんどの鋳物のフライパンにはこの塗装が施されています)

なので、これは使用していくにつれはがれていきます。そうするうちに油も本体になじんでいくので、使いやすいフライパンが育っていくという訳です。

 

ページTOPへ