すまい方日記

浦辻靖弘さんの工房へ

日曜日のドライブ。
メインの目的は木と鉄で素敵な家具などを制作されている浦辻靖弘さんの工房&ご自宅を訪問することでした。
浦辻さんからは、「廃墟を探してください!」と言われてました(^◇^)
元々茶工場だった建物を工房として使っておられたのですが、広いので家族で住むことにしたとのこと。
あいにくの雨でしたが、外観はこんな感じ。
2015040300025347c
工房はこんな感じ。
2015040315390583f
振り返ると工房の中に箱?が… 灯りが上から漏れているのと扉とがわるかな?
201504031543325c5
この中に家族5人のお住まいがあります!小屋の中に小屋??
柱を建てたり床を張ったり、窓を入れたりと全てセルフビルド。
鉄と木を扱える方なので、柱を留める金物も窓枠のフラットバーも自分で制作されています。
リビングの中心にある角材を使った大きなテーブルも、ステンレスのスケルトンのキッチンもカッコイイ。
(プライベート空間なので、写真撮るのを控えてしまいました)
バスルームは写真撮らせていただきましたが、iphoneなので…カッコよさがわかるかな?
2015040315390767b
この家にはこれからも手を入れられると思うし、それを楽しんで住まわれている奥さんやお子さんたちがまた素敵。
寒いから家の中にテント!ともおっしゃられてました(それは我が家も(^^♪)
この家のこと。誰かがきちんと取材してほしいな~。
それから…
浦辻さんが作られる木と鉄の作品(家具)は、全て細く薄く、面で納まっていて、建築ツウ?のツボにはまります。
モンドリアン的な感じもします。
(私の陳腐な言葉で表現しない方がいいですね…)
大好きなテイストなので、何か一緒にできたらいいなと目論んでいます。
彼の作品は奈良の五風舎さんの「七つの仕事展」で4月4日(土)~13日(月)まで見ることができます。
是非行ってみてください。
http://gofusya.com/
チラシPDF

ページTOPへ