催しごと

春野菜を愉しむ会 ~伝説の豆ごはんと春野菜の賄い~

sumaoの定番イベントとなった吉田千佳さんの「野菜を美味しく!」シリーズ。

今回は春野菜です。

農薬や化学肥料に頼らないで作られたお野菜の販売をされている㈱坂ノ途中さんのお野菜をsumaoのオススメ調理器具で更に美味しくしちゃいます。

㈱坂ノ途中さんのまかない料理人として、そして、現在は伏見の人気レストラン「むすびの」の厨房スタッフとして働く経験から、野菜の調理のコツや調理中の段取りなど、毎日のお料理づくりに役立つポイントを教えていただきます。

 

 

メニューはその時のお野菜によって変わりますが、以下のようなものを想定しています。

※→の先は、sumaoの道具

〇伝説の豆ごはん(さやえんどう)  → かまどさん
●菜の花甘酒ごま和え → すり鉢
●たけのこ・塩こうじ鶏・新タマのグリラー焼き → グリラー・麹名人
●スナップエンドウと葉付き玉ねぎのサラダ
●にんじんのポタージュ → ダッチオーブン

 

★日時:4月19日(水)11:00~14:00

★参加費:4000円

★定員:10名(先着順:5名以上で開催)

★持ち物:エプロン・手ふきタオル・筆記用具

★キャンセル料:前日当日は参加費の全額、2.3日前は参加費の半額(代わりの参加者の方が見つかった場合はキャンセル料はいただきません

 

○吉田千佳(よしだちか)さん

高槻出身。2人の男の子の母。

結婚後、夫の転勤で11年間富山で過ごす間、3年間の有機野菜カフェ勤務を経て、農家さんとともにお米や旬の野菜料理の教室を各地で開催。

主婦活shufuu:le(シュフーレ)を立ちあげ、今でも富山へ出張している。

京都に戻り、野菜提案企業㈱坂の途中のまかない人として日々20人のお腹を満たしていく中で、「野菜の声」が聴けるようになったという。

現在、京ジビエと京野菜の町家レストラン「むすびの」の厨房で働く一方、京都においてもワークショップや教室を開催し、食を通じた幸せを多くの人に伝えている。

ページTOPへ