すまい方日記

我が家のルール

ちょっと変な我が家のルール。
「誰かがシャワーを浴びている時は、他で水を使わない。」
台所の洗い物はしません。
トイレの水も流しません。
用を足したら蓋をして、その上に予備のトイレットペーパーなどをおいて、流れてないことをわかるようにしておきます。
そして、誰かのシャワーが終わったら、流しに行きます。
万が一流してしまったら、シャワーをしている人に
「ごめん~~!流してしまった~~!」と謝ります。
でも、ちょこっと手を洗うくらいの水はオッケーです。
どうしてかって?
他で水を流すと、シャワーの水量が少なくなって、温度調整ができなくて、
あちち!とか、冷たい!!とかなるんです。
これって、町家ではよくある話のよう。
家に引かれている水道管が現代のものより細いんだとか。
これを解消するには、水道管の径を変えないといけないので、大工事。
まあ、そんなことをするまでもないので、我が家はこんなルールで乗り切っています。
「今からシャワー入るよ」
「あ、ちょっと待って、トイレに行くわ」
こんな会話が毎日。
まあ、家族で気遣いあうことが増えて、悪いことではないかなと思っています。
ただ、このルール、子どもの小学校の作文に書かれてて、ちょっと恥ずかしい??
古い家ならではのルールです。

ページTOPへ