すまい方日記

新年早々の読売新聞に・・・

読売新聞2017年1月8日 京都地域欄「京を磨く 和の伝道師たち」という連載のひとつに、

sumao店主の町家と、お町内のことが掲載されました。

記事のテーマは、25年前から京都で取り組まれている「町家を再生する活動」についてです。

25年の間に出来たこと、まだ出来てないこと、そして世の中が変わったことなどが書かれています。

http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/feature/CO027235/20170107-OYTAT50004.html

 

私は、11年前にココに引っ越してきて、この新聞に記載されている方々のお世話になってこの町家を改修したり、自分自身も町家が大好きになって、町家の調査や相談、セミナーをする仕事についたりと、「町家」がご縁で、人生が豊かになったと言ってもいいかもしれません。

 

町家を残す意味って、たくさんあるのですが、この新聞に掲載されている2枚の写真に象徴されるような「暮らし」を残すことが一番大事なのかなと思う今日この頃でした。

 

 

ページTOPへ