すまい方日記

2周年感謝!そして・・・。

11月21日、sumaoは2周年を迎えました。

これまでsumaoに関わってくださった皆さますべてに感謝(^_-)-☆

 

この機会に、sumaoが最初から大切にしてきたこと、そして、これからのsumaoのことを書いておこうかと思います。

大切にしてきたこと。

それは、HPの「ごあいさつ」に書いてあるとおり、sumaoにあるモノ(すまいの雑貨たち)やsumaoで起きているコト(催しごと)によって、「すまい方」を新発見してもらうことです。

(「すまい方」という言葉にはちょっとこだわりがあります。十数年前に兵庫県に住んでいる時には、「すまい方」をキーワードにした研究会を立ち上げて活動していました。そこから今の町家のすまいに至る話はまた別に記しますね。)

 

sumaoにあるモノ(すまいの雑貨たち)は、店主が吟味してセレクトしたものたちです。

開店準備中、最初に取引してもらえるようになったのは、シュロの束子ほうきの「山本勝之助商店」さん。

当時は、店主が作ったショボいHPしかなく、sumaoがどのような店なのかを知ってもらえる手段もない中、恐る恐る電話したのですが、こちらの意気込みを聴いてくださり、いくつかの条件を付けたうえで、取引を承諾していただきました。

その条件の一つは、京都で先行して「山本勝之助商店」さんの商品を販売されているところに、sumaoが新たに取り扱うことについての承諾を得てくることでした。ちょっとびっくりしましたが、前からおつきあいがある取引先のことを大事に思う気持ちが伝わり、いいお商売をされているのだなぁと感じた出来事でした。

それらをクリアして、実際に束子とほうきが届いたときは、本当に店なんてできるのかと不安だらけだった気持ちに希望の光が差してきた瞬間でよく覚えています。

その後、「白木屋伝兵衛商店」さん、「長谷園」さん等々、少しづつ取引先が増えていっています。そして、sumaoのモノを提供してくださっている方々だけでなく、sumaoのモノを広めてくださる方々も増えてきて、そんな方々との関係をこれからもずっと大切にしていきたいと思っています。

 

そして、もうひとつ大切にしているのはsumaoでのコト(催しごと)です。

これもsumaoにはなくてはならないもので、色々なつながりが生まれたり、店主自身も「楽しいすまい方」を発見させてもらっています。「催しごと」は、これからもいろんな方のお世話になりながら、続けていきます。(これまでの感謝の気持ちはこちらで!)

 

それからこれからのsumao。

前からやりたいと思っていたことを(小さいけれど)きちんと形にする予定です。

ちょっと新しいカテゴリーを増やします。

まずは2017年の年明けを目指して目論み中。乞うご期待!

 

 

ページTOPへ